就活・転職で大逆転した"よろずや楽田"って何者? CHECK

2024/1/10 USD/JPY 利益とれたけどペイオフルール守れてない!「ずっとですね。おい!」と自分に言いたい

このメンタル利確を乗り越えるのが直近の目標

  • 利確2,3はルール通りに利確する
  • 値動きを見て急に利確操作しない(自分の判断が合っていたことは、ほぼない笑)
  • ロット計算間違えない(これはブログに詳細かけませんが)
トレードした通貨&売買USD/JPY ロング(買い)
エントリー時間2024.01.10 02:18:05
エントリーした理由・4時間レベルでは上昇
・15分のフラッグの上抜け
・145円まで大きな抵抗はなし
▲明確な損切り位置が遠かったのが懸念
得意パターン・得意パターン3:抵抗抜け
トレードに対する確信度(自信5段階)4:チャートパターン明確 But 損切りが遠い
ENT 位置144.52
利益目標1:145.000
前回の明確な節目、この前超えたのは雇用統計なので
信用性として??だったので
損切りライン144.23
フラッグの抵抗ライン&MAラインを損切りに設定
実際の損益利確1:144.874
利確2:145.075
利確3:145.178
利確4:145.295
保有時間13時間

利確2以降が価格感で利確したトレードですね。

目次

ENT前に描いていたシナリオ

今回の戦略

時間足デイトレの1時間足がベース 1通貨だと平均2回/WのENT数
相場分析1時間のMA21、75 / RCI12で設定
主な手法3つの得意パターンでトレード
1:順張り:トレンドのMA21、75潜りの短期足の反転(60%)
2:逆張り:大きく伸びた後の、1hMAのゴールデンクロス後の節目転換(20%)
3:順張り:1時間で強いチャージが溜まっている横横のブレイク前後
資金管理(決済)損切り:利益=1:2以上を狙う損小利大スタイル
└利確1:損切りラインの2倍が目安の節目で半分利確
└利確2:次の節目で利確、損切り
└利確3:チェイスする
└損切:トレンド転換とわかる節目まで
テクニック日足〜5分足でマルチタイムフレーム分析

明確なフラッグ抜けでENT。15分で見てENTしちゃいましたね。

理想の利確と実際の利確の差分

15分のピークボトムベースで利確位置を決めるルールで利確2以降は利確していると考えると
明らかに利確2以降が早すぎて機会損失しています。

ルール通り実際
利確1(半分利確)144.980144.874
利確2145.130145.075
利確3145.820145.178
利確4145.270145.295
想定損失-90pips

こうやってまとめると、利確1も早いのがわかりますね。OCO決済の時は成行決済はダメですね

その後の相場

雇用統計で大きな揺らぎはあったものの、本当はしっかりととれていましたね。

自分は勝手いるトレードのほうが課題が多いのがわかりますね。受注率よりも単価のほうが、成績にヒットする営業と同じですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる