就活・転職で大逆転した"よろずや楽田"って何者? CHECK

2023/12/22 EUR/USD 休日前だからって逃げちゃだめ。なトレード

目次

今回の振り返り まとめ

ポイント
  • ENTしたあとは、自信をもって。損切りラインを下回ったら「しょうがない」と思う
  • そもそも、ENTしたあと、値動きを気にしない
  • 最悪逃げてもいいが、その後の相場要チェックして、狙っている状態になったら再度ENT。諦めたからといって、トレードはまだ続いている意識。
トレードした通貨&売買EUR/USD ロング(買い)
エントリー時間2023.12.22 11:13:44
エントリーした理由・1時間レベルで節目1.10000を超えてより戻ってきた
・15分でみて上昇になった
・15分で損小利大にしやすかった
得意パターン・得意パターン3:抵抗突破
トレードに対する確信度(自信5段階)4:突破したので明らかな上優位だったので
ENT 位置1.10096
利益目標1.10480
直近は安値が1.07210までいっており、
損小利大になりえそうな形だった(=2:1以上が狙える)
損切りライン1.09880
実際の損益利確1:1.10115
保有時間利確1:5分

まとめてわかりますが、このトレード最悪だな。

ENT前に描いていたシナリオ

今回の戦略

時間足デイトレの1時間足がベース 1通貨だと平均2回/WのENT数
相場分析1時間のMA21、75 / RCI12で設定
主な手法3つの得意パターンでトレード
1:順張り:トレンドのMA21、75潜りの短期足の反転(60%)
2:逆張り:大きく伸びた後の、1hMAのゴールデンクロス後の節目転換(20%)
3:順張り:1時間で強いチャージが溜まっている横横のブレイク前後
資金管理(決済)損切り:利益=1:2以上を狙う損小利大スタイル
└利確1:損切りラインの2倍が目安の節目で半分利確
└利確2:次の節目で利確、損切り
└利確3:チェイスする
└損切:トレンド転換とわかる節目まで
テクニック日足〜5分足でマルチタイムフレーム分析

1時間みるとわかりやすいですが綺麗なトレードですね

だが、ENTした後に

あれ、4時間足の節目の1.10200あたりは抜けてないな。やばいかも

と突然思い、損切りしましたね

その後しっかり戻ってきて上抜けの動きだったので、トレードを辞めても次狙えばよかったんですがね。
次に狙いどきまってましたね

その後の相場

しっかり上昇しましたね。最悪ですね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる